サイディングボード

Back 

最近流行の壁面ですが、流行というよりは安価で工事が短期間で完了するので工事業者が使用している面が多いのです。 見た目は綺麗で素敵なのですが一番の短所は板と板との間にできる隙間を埋めるために使用するコーキング剤が 10年位しかもたないことです。家を購入した方は家は20年も30年ももつものだと思い込んでしまいますが、 10年位でコーキング剤が劣化しひどい箇所は剥がれてきているのを見て唖然としてしまいます。 まだそれに気がついた家はいいほうで、まったくそれに気づいていない家も多いのです。 そのまま劣化したコーキングを放置しているとその間から雨水が壁面内部に浸入し壁全体の 腐食してしまうのです。たとえ壁面のサイディングボードが高級なものを使用していても コーキング剤の劣化は短いのです。このような壁面も早めの対策コーキングの補修と塗装が 外壁の長持ちにとても重要なのです。 サイディングボードの中でとくに最近流行なのが凹凸の大きいのがあります。 たしかに衝撃に強く見た目も綺麗なのでしょうが、塗装する業者から見たら 塗装する場合塗りにくいのは明らかです。通常は外壁はローラで塗るのですが あまりに凹凸が激しいサイディングボードはローラで塗ることはできません。 そのような場合ガンを使っての吹き付けになると思いますが相当高い工事費が かかってしまうのは明らかです。また他にも問題があります。それは表面がギザギザであれば あるほど雨水が溜まりやすくそこに苔が生えてしまうことです。 とくに太陽が当たらない北側の外壁にはびっしり緑の苔が生えることになります。 苔対策からだけいけば外壁の表面が平らであればあるほど雨水は流れやすく乾燥しやすいので 苔は発生しにくくなります。 一度でも塗装すれば外壁の表面が平らになってくるので雨水が流れやすく苔が発生しにくくなります。