流し風呂の洗浄
テレビや雑誌また隣人から聞いた生活に関する知恵を少しづつ集めています

【 流しや風呂の汚れを落とす 】
重曹を使った風呂や流しなどのカビや汚れ落とし方です。
◇ 使用するもの 重曹、歯ブラシ、アクリル系毛糸で作ったタワシ
<落とし方>
1.容器に重曹を入れ水で溶かす。
2.水に溶かした重曹を歯ブラシに付けカビの部分をこする。
3.アクリル系の毛糸で作ったタワシでその部分を洗う。またはクリナーを使用する。
4.最後に水で流す。


【 使い捨てクリーナーで汚れを落とす 】
水だけで汚れが落とせる使い捨てのクリーナーです。
ガラス製品、陶器、タイル、ホーローなどの汚れを落とすことができます。
<落とし方>
1.クリナーを使いやすい大きさにカットする。
2.水を含ませ、水がしたたり落ちない程度に軽く絞る。汚れが落ちにくい所は水だけでなく重曹を使う
3.汚れている所を軽くこすって汚れを浮き上がらせる。
4.浮き出た汚れは乾いた布で拭くか、水で洗い流す。




【 風呂の鏡の汚れを落とす 】
風呂の鏡はどうしても湿気と水滴がつくので汚れてしまいます。 また次第に汚れだけでなく表面が劣化してきますので表面を拭き取るだけでは 落ちない状態(鱗状痕)になります。表面の劣化をきれいにするのに2つの方法があります。 酸性溶液で落とす方法と研磨剤で磨く方法です。
<研磨剤での落とし方>
1.市販の鱗状痕落としを購入し付属しているメッシュパッドを用意する。なければ使い捨てクリナーを利用する。
2.メッシュパッドに鱗状痕落としを付け鏡の端から落とす。
3.磨きにくい部分は専用のパッド(青色)で磨く。
4.磨き終わったら水で洗い流す。
5.1回できれいにならなかったらきれいになるまで繰り返す



<鱗状痕をクエン酸で落とす>
1.市販のクエン酸を購入し水で薄めて鏡に塗ります。
2.クエン酸が蒸発しないようその上からラップで覆いましょう。
3.30分ほどしたらメッシュパッドかクリーナーで鱗状痕を鏡の端から落とします。
4.磨き終わったら水で洗い流す。
5.1回できれいにならなかったらきれいになるまで繰り返す


※鏡をきれいに維持する知恵は風呂上りには鏡の水滴が乾いたタオルで拭くようにしましょう。


【 落ちないカビはコーキングしよう 】
どうしても落ちないカビはその上からコーキングしよう。風呂専用のコーキング材を購入しましょう。他に コーキングが他につかないようにテープを使います。やり方は簡単です。
<コーキングのし方>
1.コーキングする前によく洗浄してから完全に乾かしましょう。
2.コーキングする溝の両端をテープで保護しましょう。
3.コーキング材を端から少しずつ搾り出し指で溝に沿ってなでていきます。
4.コーキング材が段差がつかない様に指の角度を斜めにして工夫しながら行います。
5.1回でカビがコーキング材で隠れないようなら30分ほど乾かしてからまたその上からコーキングしましょう。
6.きれいにコーキングできたら両端のテープを剥がして完成です。
7.コーキングが乾燥まで半日ほどかかりますのでその間は風呂を使わないように注意しましょう。