家事の知恵
テレビや雑誌また隣人から聞いた生活に関する知恵を少しづつ集めています

【 布地に滲ませないようにペンで名前を書く裏技 】
・ヘアースプレーを布地に吹きかけ5分程度乾かす
・乾いたのを確認してから油性ペンで名前を書く
※(スプレーにコポリマーの成分が含まれている製品かを確認してください)


【 洗濯達人の裏技 】
<頑固な汚れ落とし綺麗に洗濯する>
1. 水や洗剤をつけず乾いた状態で汚れのひどい部分をやさしくもむ。
2. スプーンの裏で汚れのひどい部分に液体洗剤を繊維になじませる。
3. 洗濯ブラシ(馬毛)に水をつけて液体洗剤をつけた部分をブラッシングする。
4. 洗剤を入れて洗濯機で洗う。
<洗剤選びは大切>
・弱アルカリ性洗剤がよい素材 ---- 綿、麻、合成繊維などで肌着やシーツなどの一般衣類物。
・中性洗剤がよい素材 ---- ウール、絹などデリケートな衣類
【 ワイシャツの襟や袖の汚れ 】
1. 襟や袖の汚れをやさしく10回くらいもむ。
2. 酵素入りの液体洗剤を汚れの部分につけ、すぐには洗わないで1〜2分おくのがポイント
3. 洗濯ブラシで液体洗剤をつけた部分をブラッシングして洗剤をよくなじませる。
4. 洗剤を入れて洗濯機で洗う。
5. すすぎの段階で柔軟剤を入れるとワイシャツのシワやヨレがなくなります。


【 シミ抜きの裏技 】
<シミの応急処置>
1. シミをこすったり広げたりしない。
2. シミについた固形物はティッシュでつまみ取る
3. オシボリなどでシミを湿らせる。
4. 乾いたティッシュでシミを押さえて吸い取る。
5. これ以上やるとシミを広げる原因になる。あとは時間を空けずに洗濯する。
<シミ抜き>
必要なもの --- クエン酸、綿棒、
1. クエン酸をぬるま湯で溶かす。
2. 綿棒につけてシミに塗りこむ。
3. ぬるま湯でシミの箇所をもみ洗い。
4. シミが落ちるまで繰り返す。
5. シミが落ちたらぬるま湯でクエン酸をすすぐ。
6. 洗濯する。



<頑固なシミ抜き>
必要なもの --- クエン酸、綿棒、酸素系漂白剤、ゴム手袋
1. クエン酸をぬるま湯で溶かす
2. シミに塗りこむ
3. ぬるま湯でシミの部分をもみ洗い。
4. 酸素系漂白剤を歯ブラシに付けシミに塗りこむ。
5. やかんに湯を沸かしその蒸気をシミの部分に5秒間当てる。
6. シミの箇所をぬるま湯でもみ洗い。
7. これを落ちるまで繰り返す。
※ 注意 色柄は目立たない部分で漂白剤による色落ちがしないかテストをして確かめる。