貯蓄と備え

備えで最も大事なものは貯蓄でしょう。 備えあれば憂いなしで貯蓄があればどのような事態になってもある程度対処できますし、 貯蓄がなければ心細いものです。災害の備えのためだけでなく生活には多くの特別の出費が あるものです。冠婚葬祭、車の車検や修理代、税金の支払、家電の購入、家の修繕費、子供の教育費、 旅行費、病気の通院費、その他交際費など。それらの出費は毎月のお給料からの支払はきついものです。 それを貯蓄でまかなうことができれば助かります。 将来の備えに貯蓄はなくてはならないものでがおもうように貯蓄はできないものです。 毎月できる貯蓄は限られてしまいますので 貯蓄をするうえで最も大事なことは 収入を増やすことよりも家計の出費を減らすことにあります。 たとえば月45万円の給料をもらっていたとしても、月 40万円の出費の生活をしていれば毎月5万円の貯金しかできません。 でも月30万円の収入でも20万円の出費の生活をすることによって 毎月10万円の貯金ができることになります。 節約をすればするほど余ったものを貯蓄にまわすことができるのです。