災害の備え 緊急持ち出し

しなければならならないと思っていてもなかなかできないものの一つに緊急持ち出しが あります。これは意外と難しいのです。その理由の一つは何を用意したらいいのかわからないことと、 緊急持ち出しようのバックは小さいので少ししか入らないことです。 我が家の緊急持ち出し用品はここ数年だけでもだいぶ内容が変わってきています。 阪神淡路大震災や新潟中越地震の経験した人の話を参考にしたり、緊急の時何があれば役に立つのか 現実にそったものにしようとしているためです。 もう一つ難しい理由の一つは食物には賞味期限があるので定期的に新しいものに代えていかなければ ならない点です。 でもとにかくやってみましょう。現段階で役に立ちそうなものをあげておきたいと思います。


<衣類>
外靴、手袋、下着の着替え、カッパ、ヤッケ、防寒衣類、タオル

<生活用品>
ビニールシート、ロープ、洗濯石鹸、洗濯バサミ、石鹸、髭剃り、テント、湯たんぽ、寝袋、ノコギリ、ナイフ、ハサミ、針、糸、筆記用具、 ごみ袋、アルミホイル、ガムテープ、トイレットペーパー、ティッシュ、ライター、電池、懐中電灯、ビニールバケツ、帽子

<食料>
ラーメン、ガス、ガスコンロ、水、乾パン、粉ミルク、もち、ココア、塩、醤油、割り箸、スプーン、コップ、紙皿、手鍋、

<医薬品>
消毒薬、胃薬、風邪薬、頭痛薬、バンドエイド、包帯、ガーゼ、テープ、ハサミ、体温計など

<貴重品>
現金、貯金通帳(コピー)、免許証(コピー)、保険証(コピー)、印鑑、写真(CD)、住所録、重要書類のコピー


緊急持ち出し用にしているバック

バックの中の緊急持ち出し用品

緊急用持ち出しバックは意外と入らないもの、特に大きい物や重いものは入れることができません。 そこで緊急時には車の利用が大切になってくるので車の中に常時緊急時に必要なものを 入れておくことにしています。例をあげますと
<車を利用する>
テント、家族分の寝袋、着替え、ガスコンロ、鍋、食器、大き目のビニールシート、保温シート、ロープ、バケツ、工具類、ノコギリ、ナイフ、カッパ、傘、電池等
車の利用で気をつけなければならないことは暑い季節は車内が高温になるので食料類は置かないようにしましょう。 新潟中越地震では多くの方が車での寝泊りをしておられました。緊急時や雨降りなどの時はとても助かるようです。ただガソリンだけは常に多めに入れておくようにすることが大切みたいです。


車の荷台を利用します
<緊急持ち出しサイト>
避難時の心得・緊急持ち出し品— 山形県ホームページ
非常時持ち出し品チェックリスト
宮城県/防災砂防課/緊急時の持ち出し品