冷凍庫の利用

Back 節約で安心家計



最近マーケットにたくさんの冷凍食品が売られています。 私はこれまで冷凍食品はあまり買うことはなかったのですが、知人から 冷凍食品の安い店を紹介されました。早速行ってみると 業者も利用するようなお店でした。 値段を見たらとても安くそのうえ量も多いのです。冷凍野菜は1袋180円でした。 色々な野菜を売っています。私がよく買うのは、ゆでたエダマメで解凍するだけで食べることができます。 解凍には常温で自然に解凍する方法と熱湯に入れて解凍する方法があります。 そのエダマメが美味しいのです。普通エダマメは季節の食品で夏場しか 買うことはできません。それが冷凍なら年中買うことができます。他によく買う食品は コーンやフライドポテトで1キロの袋で180円です。 冷凍食品の利用で問題になるのは通常の冷蔵庫では冷凍庫が 小さいためそれ程入らないことです。大きな袋で購入したらなおさらです。 そこで我が家では冷凍庫専用のものを購入しました。 価格は意外と安く、横幅が50センチ高さが116センチのもので3万円 で購入できました。冷凍庫は普通ボックス型が多く、その型ですと上からしか出し入れできません。 冷蔵庫のように縦に扉がついているものも市販していいますのでそちらの方が使いやすいです。 棚になっているので出し入れや管理が楽なのです。 冷凍食品は色々な種類のものが売られています。野菜の他に気に入っているのが 鳥のから揚げなどの肉類です。電子レンジやオーブントースターで温めるだけなので とても楽です。それに結構美味しいのです。自分でせっかく料理しても時間がかかってしまうといやになってしまいます。 冷凍食品を毎日の食生活に取り入れていくのは時間の節約にもなります。 冷凍食品は現代の知恵です。忙しい時代、時間を有効に使うためにも冷凍庫の利用は懸命なのです。 冷凍食品はお店によって値段がかなり違うので安く売っている店を探しましょう。 我が家で利用している冷凍方法や食品を少し紹介します。


<冷凍の容器>

冷凍に使用する容器は、色々な種類や形があります。、ポリプロピレンの容器とポリエチレン製の袋です。 いずれも冷凍用のものを使用しましょう。購入した食品をそのまま冷凍してもよいし、 容器に小分けすれば使う時に便利です。 私は100円ショップのお店の商品を利用しています。


<ネギのスライス>

ネギはお店で購入すると1巻きが3本ほどなので1度で使い切ることはありません。そのため残ったネギは冷蔵庫の野菜室に 置くことになるので乾燥してしまいます。 そこでネギを購入したり、または収穫したらすぐスライスにして冷凍してしまいます。 スライスも2種類に分けてみじん切りは薬味に使い、大きくスライスしたものは鍋などに 利用します。冷凍したネギは解凍せずにそのまま料理に使ってしまいます。


<肉の冷凍>

肉は購入したらすぐ冷凍しましょう。 お店の容器のまま冷凍すると使用する時に面倒なので料理に使う量を考えて小分けにして容器で冷凍します。 解凍するときは容器まま解凍します。


<ご飯の冷凍>

ご飯は炊きたては美味しいのですが、炊飯器で保温しておくと次第にまずくなってしまいます。 美味しさを保つためには炊飯器で保温しておかないで、容器に入れて冷蔵庫や冷凍庫に入れておいた方が美味しさを 保つことができます。例えば夕食に炊き立てを食べ、余ったご飯は 冷蔵庫に保存します。朝はそのご飯を電子レンジでチンすれば 温かいご飯を食べることができます。また余分なご飯は冷凍しておいてお昼に 食べてもよいし、ご飯が足りない時に使用します。それは職場の昼食の弁当にも活用できます。 朝に冷凍したご飯を会社の冷蔵庫に入れておきます。それを昼に電子レンジを使わせてもらって温めれば 美味しいご飯を食べることができます。後はおかずを持っていくだけです。 冷凍したご飯は解凍しても結構美味しいのです。 我が家は忙しい時や非常時のために常に3食分ぐらいご飯を冷凍しています。


<食パンの冷凍>

私と息子は朝はパンを食べるのでいつも食パンは切らさないようにしています。 そこで食パンはいつも余分に買ってきておいて冷凍しています。 パンがなくなった時にわざわざ買いに行かなくてもよいようにしているのです。 食パンの解凍はレンジなどを使うとベタベタになってしまうので、自然解凍します。 数時間も置いておけば自然に解凍されます。


<ピザ冷凍>

最近では色々な冷凍ピザが売られています。結構美味しいので購入して食べています。 家内は自家製のピザを作っては冷凍しています。1度に5枚ほど作って冷凍しているのです。 食べる時にオーブントースターか電子レンジで焼くだけです。


<コロッケ>

コロッケも冷凍しておけば便利です。おかずが足りない時などは助かります。 子供もコロッケは好きなのです。コロッケは解凍せずに冷凍のまま油で揚げます。 コロッケにも色々なものがあるので家族の好みのものを冷凍しましょう。


<唐揚げ>

唐揚げは冷凍ものに頼っています。安いことと、結構美味しいのです。 息子は唐揚げが大好き、いつも作ってほしいと言われていました。以前は肉を買ってきて作っていたのですが、 時間がかかり過ぎるので消極的でした。そんな時に冷凍の唐揚げを食べてみたら美味しいではありませんか。 息子も喜んで食べてくれるのでそれからは、もっぱら冷凍のものを食べさせています。 息子は学校から帰ってきた時冷凍庫から唐揚げと取り出し、一人で温めて食べています。


<チーズ>

チーズも冷凍しておくと便利な食品です。これは温めるととろける チーズで、ピザやピザパンの他チーズを使った料理に使用します。 チーズは大袋で購入してきて小分けにして冷凍しています。 その方が毎日の食生活でパラパラとかけるだけなので使いやすいのです。


<納豆>

納豆もよく食べる食品なので買いだめして冷凍しています。 解凍にはレンジを使いますが、温める前に中に入っているタレやカラシなどは 取ってから温めます。レンジで40〜50秒温めるだけで解凍されます。 温めすぎに注意しましょう。


<エダマメ>

よく食べているのが冷凍エダマメでとっても美味しいのです。 以前はお店で枝つきのエダマメを買ってきて、枝から取ってゆでて食べていました。 それはたしかに美味しいのですが、冷凍のものもまんざらではないのです。 最初は冷凍のものなんてと冷ややかでしたが、冷凍のものも結構美味しいことに 気づかされたのです。それに冷凍のよいところは四季をとわずいつでも手に入ることです。


<ポリ容器のアイス>

キャンプ、レクレーションにはアイスボックスが必需品です。 アイスボックスに入れるアイスはお店で色々なものが売っていますが、冷凍庫で 簡単に作れる自家製アイスを作りましょう。方法は簡単で アイスボックスに入る大きさのポリ容器に水を8分目位入れて冷凍庫に入れておくだけです。 2日もすれば完全に凍っています。水を容器いっぱい入れてしまうと凍る時に 膨張するので容器が破裂してしまう危険があります。水は少し少なめに入れます。 同じサイズのものを2本も用意しておけば大丈夫です。 この方法は安上がりなだけでなくキャンプ地での冷たい飲み水にもなります。 このポリ容器アイスはポットに早代わりなのです。冷却専用の冷却材は こんなことはできないし、袋に入った氷を使うと解けやすく、残った水も飲みにくいのです。 その点ポリ容器のアイスは万能なのです。この方法を思いついたのは私の釣り好きが きっかけでした。海で船に乗って釣る時には必ず釣った魚を冷やすアイスボックスが必要です。 お店で買うとお金がかかるので自分でペットボトルに作りました。氷が厚いので解けにくく帰りまで 大丈夫でした。魚を新鮮に保つためには大切です。それだけでなく少し解けているペットボトルの水を 飲んだらとても冷たくて美味しいのです。そんなわけで冷却と飲み水をかねて持っていくようになりました。 この方法はキャンプやアウトドア、家族のドライブにも使える方法です。 一度試してみてください。


Back 節約で幸せな生活