楽しい節約生活

以前の私は節約は面倒くさいと感じていました。妻から電気の使い方を指摘されたり、 色々注意される度にうるさいなあと感じていたのです。 それが今では私の方も細かいところまで節約に努めるようになりました。その理由は節約をしようという 目標を自分でたてるようになったからです。今月のガス代や電気代をどのくらい少なく出来るかを いつも考えているので使っていない部屋や廊下の電気を自分から消すように努めているのです。 節約という目標をもっていないと節約生活は楽しくないのです。しかも自分の目標になっていないと楽しくありません。 節約生活が楽しいか楽しくないかは自分で決めた目標なのかにかかっています。 そんな訳で家族でも節約意識の程度は一人ひとり異なるでしょう。 自分は節約に燃えていてもほかの人に強制したり、批判はやめましょう。 できるだけ皆の目標になるように家族の話し合いは大切です。 毎月家計の話し合いはお奨めです。納得すれば家族も協力してくれるでしょう。 気持ちにゆとりと余裕をもって節約に努めていきましょう。