今日は何も買わない


節約のため安いものを買うことは大切ですなのですがそれでも 生活費を安く抑えることが難しいことに気がつきます。考えてみると安いものを買っているのは いいのですが結構色々なものを買ってしまっていることが多いものです。例えば節約するために 100円のお店で購入することが多くなりました。それを計算をしてみると結構買っていることに 気がついた次第です。本当にこれは必要なのかと思うものまでも買ってしまっています。つまり安いからとつい必要の ないものまでも買ってしまっていたのです。そこで「安く買う」ことから「今日は何も買わない」 という目標で生活するようになりました。考え方の違いに過ぎないように思えますが現実にはかなり違ってきます。 安く買おうという目標だと欲しいものを安く買うのが目標になります。今日は何も買わないことが目標だと 欲しいものも買わないということです。そういう生活を始めると本当に必要なものはそれほど ないのだと気がつきました。何も買わないと思っていてもどうしても買わなければならないものはでてきますが それは生活に必要なものだからです。欲しいものを買う生活をやめ、生活にどうしても必要なものは買うようにすれば 毎月の生活費はかなりの節約をすることができます。 こういう目標は自分で決心しないとみじめな生活に感じてしまします。毎月の経費を安く あげることに喜びを感じることに喜びを感じられなければ長続きしません。 人は誰でも欲をもって生活しています。食欲、物欲、美味しいものを食べたいなど色々な欲をもっています。 それらの欲は決して悪いことではないのですが、注意しないと欲の慮、奴隷になってしまいます。 欲の奴隷になってしまうと出費は洪水のように増えてきます。 節約生活をすることは自分の欲を制御し、コントロールをすることであるのです。 それが喜んでやれたら最高。節約生活は精神が欲をコントロールしているわけだからそのような自分に誇りを感じられるでしょう。 「今日は何も買わない」にチャレンジしよう。毎月の生活の経費がかなり安くなりますよ。