ストーブの利用

Back 節約で安心家計

< ストーブは働き者  >
冬の暖房にはストーブを使用するようになりました。灯油の価格の値上げが 気になりますが、それでも電気を使う暖房よりは安いような感じがします。 ストーブは便利なもので部屋を温めるためだけでなく、ストーブの熱エネルギーを色々利用できそうです。
我が家でやっている利用方法を少し紹介します。
1. 湯を沸かす
やかんでお湯を沸かすことができます。沸いたお湯は魔法瓶に入れておけば後で利用できます。
2. 料理を温める
手鍋に卵を入れておくだけでゆで卵ができます。 またカレーなどを温める時にも上に置いておくだけで温まってしまいます。

3. 食器洗いに
ストーブで沸かしたヤカンの湯を魔法瓶に保温しておけば食器洗いに使用することが出来ます。
湯沸器を使わないのでガスの節約になります。
4. 災害時の暖房・調理に
灯油を備えておけば災害時の暖房に役に立ちます。これからは 災害時のストーブの利用を考えていこうと思っています。


ストーブを今まで使ってこなかった理由は子供がまだ小さかったために危険だったことと、 クーラーの快適さに慣れてしまったためですが、家計の節約と災害の備えを考える ようになった今ストーブがこんなに経済的で、災害時にもとても役に立つことを知って 驚いています。でもストーブは確かに危険性はあるので子供がまだ小さい場合はかなり 注意しなければなません。常に部屋の喚起にも気を配る必要があります。 また地震の時の火災が怖いので「地震自動消化装置」付きのものを購入しました。


ホクホク焼き芋

サツマイモやジャガイモをアルミホイルで包みストーブの上において置くだけで 美味しい芋が焼けます。結構短時間で焼けます。なぜか味は最高に美味しくサツマイモもジャガイモモもホクホクに焼けているのです。 一度試してみてください。寒い冬の楽しみの一つです。


芋を焼く前によく洗い痛んでいるところは切り落とします。サツマイモの長いものは 半分に切りましょう。


アルミホイルで包んでストーブの上において置き時々ひっくり返します。
 


全体に柔らかくなったらストーブから取り出します。


アルミホイルから取り出せば熱くてホクホクの芋ができあがりです。 そのままでも美味しいですがバターを塗ったりジャガイモなら他に塩をふれば さらに美味しくなります。