発光ダイオード(LED)電球

Back 節約で安心家計


<LED電球:各社続々と 寿命は白熱の40倍、消費電力8分の1 低価格化で人気上昇>
 白熱電球より消費電力が少なく「次世代のエコ照明」と呼ばれる発光ダイオード(LED)電球が、普及の兆しを見せ始めている。価格の高さなどから普及が進まなかったが、7月以降、東芝やシャープが割安な価格で一般家庭向け製品を相次いで発売。市場の拡大が見込まれている。【和田憲二】  LED電球は寿命が白熱電球の約40倍の4万時間、消費電力は約8分の1で、1日10時間使っても10年間以上交換が不要という省エネ性能が特長だ。さらに、水銀が使われていないため廃棄後の有害性が低く、紫外線や赤外線の放射が少ないため、虫が集まりにくい利点もある。  LEDを使った照明器具は05年ごろ登場したが、当初は明るさが足りず、用途はホテルや店舗などのダウンライトなどに限られていた。その後、東芝(東芝ライテック)が技術開発を進め、今年3月、40ワット相当の明るさで一般の白熱電球代わりに使える家庭用のLED電球を1万500円で発売した。  最大の課題は、白熱電球の100倍近くする高価格だった。しかし、シャープが6月、最安タイプで4000円前後の家庭用LED電球を発表すると、注文が殺到。発売時期を当初予定の7月から8月に延期するほど人気を集めた。東芝は価格を約5000円に引き下げた製品を7月に発売し、低価格化が進んだ。NECも4000円前後の商品を9月に発売し、三菱電機も近く参入する意向で、拡大する市場での競争が始まりつつある。  家電量販店のビックカメラでは、7月半ばに低価格品が出てから売り上げが伸び始めたといい、「まだ試しに1個だけ買う人が多いが、中には『家中の電球を換える』と複数買っていく人もいる」(広報室)という。  民間調査会社の富士経済は、屋内施設向けLED照明の国内市場規模は、09年度の36億円から17年度は143億円に急拡大すると予想。「環境意識や節約志向の高まりを背景に、大手照明器具メーカーが10〜12年にかけて、白熱電球からLED照明器具に生産をシフトさせる」とも指摘している。量産効果で低価格化が加速すれば、一般家庭への普及が一気に進みそうだ。 毎日新聞 2009年8月28日 東京朝刊