日差しの利用

Back 節約で安心家計


夏の暑さ避けにはクーラーが当たり前のことですが、自然を利用することによって 快適な環境を作ることも可能です。 家屋に直射日光が当たらないようにし、日陰を作ることは涼しい環境を作るのに有効です。 家の敷地が広ければ家の周りに樹木を植えれば日除けや風除けになります。 また家の設計では屋根周りを大きくして軒下を広くとることによって壁や窓に太陽の直射日光が 当たらないので家の中は涼しくなります。また同じ家でも二階と一階では暑さがかなり異なります。 一階の日の当たらない廊下などは夏でも涼しい所です。 窓に日差しをつるすだけでも涼しくなります。 またおすすめなのは家庭菜園のついでに一階の窓際にニガウリを植えてニガウリの日差しを作ってしまうのです。 作り方はいたって簡単で少し太めの竹を買ってきて支柱を作ります。そこに野菜ネットを取り付けます。 ニガウリの苗は広さにもよりますが2〜3本少し離し植えます。後はニガウリのつるをネットに誘導するだけです。 たくさんのつるがでてきますので、ネットからはみ出すつるはカットしましょう。 ネットを使わず日差しにはわせても大丈夫です。 春の6月初旬頃植えれば7月にはかなり密集したニガウリ日差しができます。ニガウリの実は8月頃から収穫できますので一石二鳥の楽しみです。 ニガウリの日差し良さは緑の美しさにあります。新緑のようなすがすがしさを感じさせてくれるのです。 プランタでも可能ですので(水管理が大事)ぜひやってみてください。 またニガウリの他にアサガオでも日差しにできます。アサガオは成長が早く、丈夫で病気や害虫が少ないので 育てやすく安価です。好きなアサガオの種を買ってきて挑戦してみましょう。やりかたはニガウリと同じです。 両方ともプランター栽培でもできます。夏は乾燥しやすいので毎日たっぷり水をあげましょう。 アサガオは咲き終わったら種を実らせて保存しておき、来年にまた使いましょう。