有機栽培はエコ生活

TOP 小さな庭の家庭菜園


人間が人工的に作った科学肥料は土壌に施せば施すほど土地は荒れていき次第に野菜が育たなくなってしまいます。 その反対に自然の堆肥で作ってある有機肥料は施せば施すほど土壌が豊かな土壌になっていきます。その中には 多くの生物が生息しており、その生物が豊かな土壌にしてくれているのです。その代表的な生物はミミズでしょう。 ミミズが生息している土壌は豊かさを示しています。有機肥料は自然のサイクルに沿った肥料なのです。 自然のものを大事に再利用しそれを自然に帰して行く有機栽培は自然にやさしいエコ生活です。 自然の山々には多くの木々、草が生息していますが、それらは自然の有機肥料で育っています。 そのような自然とマッチした家庭菜園は現代の将来のエコ生活でしょう。