菜園の土と改良材

TOP 小さな庭の家庭菜園


<赤玉土>
赤玉土はプランタ栽培でよく使われています。 土の粒子の大きさによって大粒、中粒、小粒で売られています。 大粒はプランタの底に使用し、中粒と小粒は苗の育成用のベース土として使われます。 特徴としては排水性、通気性が良いのですが乾燥しやすいので 単品として培養土に使われることはなく、欠点を補うために黒土や腐葉土その他 調整用土を混ぜ合わせて使用します。



<鹿沼土>
鹿沼土は固く崩れにくくまた水分を含むので色々な栽培に利用できます。ポットの花栽培によく 使われますが菜園でも特質を活かして利用できます。私はプランター栽培に使っています。 プランターはどうしても乾燥しやすいのでそれを防ぐために1割ほど鹿沼土を混ぜています。



<黒土>
よく畑で見かける土ですが保水性・保肥性がよくこれは庭やプランタの用土のベース土として使用されます。



<腐葉土>
広葉樹の落葉を積み重ねて腐塾させたものです。有機質肥料ですが肥料分はほとんどなく土壌改良剤として 使用されます。土壌の保水性、保肥性、弾力性、通気性を高めるために混入します。 土壌の何割かを投入すると良い培土になります。




< バーキュライト >
ひる石を高温で焼いたものです。隙間が多いので保肥性、排水性、通気性を高めるためにプランタなどにによく使われる土壌改良剤です。




< ピートモス >
弱酸性の土壌改良剤で保水性、弾力性を高めるために使われます。



< パーライト >
土壌改良剤のひとつで保水性、排水性を高めるために用いられます。



<もみがらくん炭>
もみがらを焼いたもので通気性、保水性を高めるます。酸性土壌の中和などの土壌改良剤と殺菌、根ぐされ防止に効果があります。




<木炭>
木炭を砕いたもので通気性、保水性を高めます。酸性土壌の中和などの土壌改良剤と殺菌、根ぐされ防止に効果があります。




<培養土>
培養土は野菜や花などの栽培に適した配合した土です。栽培する野菜や使用する容器に応じたものが販売されています。 また「種まき・育苗用」の培養土もあります。これはポットなどに種をまき、苗を育てるのに適した培養土です。 よく袋に書いてある説明書を読んで栽培にあったものを購入しましょう。



<堆肥>
堆肥には大きく分けて栄養堆肥とふかふか堆肥とがあります。栄養堆肥は栄養分が多く含まれていますので 元肥としてたっぷり施します。 ふかふか堆肥は栄養分はほどんどなく土壌改良を目的として使用するものです。 写真のバイオ堆肥はふかふか堆肥の方になり土壌改良のために大量に使用します。 特に新しい畑の土はすぐ硬くなりやすいので沢山投入し、土壌の保水性、 通気性、保肥性を高めます。



<苦土石灰>
酸性土壌を中和するために使用するもので苗や種を植え付ける2週間前に土壌に施しよく耕して おきます。



<消石灰>
苦土石灰と同じ酸性土壌を中和することを目的として使用されるものですが苦土石灰よりは強いので 3週間位まえに畑に投入しておく必要があります。消石灰を投入後すぐに苗を植えますと障害がでてしまいます。



<カキ殻石灰>
セルカは一般の店では売っていません。農協の店で購入します。農家の野菜栽培で使われている土壌改良材です。海のカキの貝殻を砕いたものです。石灰質ですので酸性土壌を中和する性質もありまた 長い年月を栽培するときに欠乏しやすい微粒栄養素を補充してあげます。セルカは野菜の根の発育が良いようです。 野菜がよく育つかどうかは根の発育が大事です。毎年栽培する前に畑全体に施しておきましょう。


TOP 小さな庭の家庭菜園