サラダ菜園を作ろう

TOP 小さな庭の家庭菜園

<サラダ野菜を栽培しよう>
庭やプランタで本格的に家庭菜園を始めるとわかることですが、意外や栽培することよりも、上手に食べていく方が 難しいのです。簡単に言えば食べきれないのです。野菜を上手に収穫していく方法の一つがサラダで 食べていくことですが、そのためにも作る野菜もサラダで食べて美味しい種類のものを選んで栽培していくことは 懸命なことです。家族が好む種類を見つけて栽培するようにしていきましょう。


<レタス>
レタスはサラダの代表的な野菜で家庭菜園でも楽に栽培できます。一口にレタスといっても最近は色々な 品種の苗が売られております。丸くなる普通のレタスとリーフレタスといってサニーレタス類に 大きく2種に分けることができます。最近は特にリーフレタスの種多く売られており、形や色も 様々です。味も苦味のあるものからないものまでと様々です。自分の好きなものを選んで生きましょう。 収穫は一度に収穫しないでその日に食べる枚数だけ葉を収穫します。その場合も 大きくなったものから順に収穫していけば続けて収穫していくことができます。 レタスは丈夫な野菜でプランタでも充分に栽培できまた半日日陰でも育ちます。 注意しなければならない点は肥料(乾燥鶏糞)をたっぷりと施すことと、 土が乾燥したら水をたっぷり与えることです。秋栽培にはアブラムシはつきませんが 春栽培と時はアブラムシと色っぽいコナシラミが多く発生するので葉と葉の間を特によく注意をして 早めに駆除しましょう。


<キュウリ>
キュウリは生野菜サラダやその他のサラダにとってなくてはならない野菜です。 食べやすさと食感と色合いにも大切です。 庭で栽培したキュウリの味はさらに美味しく本来のキュウリの味が ただよいます。


<ミズナ>
ミズナはとても強く丈夫で育てやすい野菜です。 ミズナをサラダにする場合はまだ枝も細く葉も柔らかいうちに早めに収穫します。 大きく育ちすぎると枝も硬くなるのです。大きくなり過ぎてしまった場合にはさっと湯に通せば 食べやすくなります。 雪の降らない地方なら一年中栽培することができます。


<インゲン>
インゲンもおひたしだけでなく湯にさっと通して サラダに加えると美味しいです。


<ミニトマト>
庭栽培ならミニトマト栽培をおすすめです。ちょっとした庭の空いているところでも 栽培できますし、プランタでも栽培できます。肥料さえ切らさなければほとんど 手間がなく育ってくれます。脇目は摘み取り一本仕立てにしましょう。 収穫は実が赤くなったものを選んで収穫します。 雨などにあたると実が割れてしまいます。


<ダイコン>
庭で栽培した大根はサラダなどで生で食べた方が最高に 美味しいです。大根はとても強い野菜で発芽率もよく育てやすいですが 春の栽培ではとうがたってしまうので秋栽培の方栽培しやすいと思います。 連作にも強い野菜なので毎年栽培できます。根野菜なのでプランタよりは 庭で栽培した方がみずみずしく美味しくなります。 普通のダイコンの他に小さな二十日大根ならプランタでも栽培できますし、 カイワレダイコンなら室内でも水栽培ができます。 家庭菜園ではダイコン類は重要な野菜の一つです。


<赤タマネギ>
タマネギも薄く切って食べると生でも美味しくいただけます。 タマネギには普通のタマネギと紫色の赤タマネギがあります。 庭で栽培するならサラダに合っていて美味しく色添えにも よい赤タマネギを栽培してみましょう。タマネギは秋に お店で苗を売り出すので秋に植えつけます。 収穫は翌年の春頃になります。


<キャベツ>
キャベツは生サラダの代表的な野菜です。サラダだけでなく とんかつなどと一緒に食べても美味しいです。サラダは 健康によく血液も綺麗にする働きがあると聞いています。 キャベツ栽培はプランタでは狭いので庭栽培になりますがミニキャベツの 栽培をお奨めです。ミニキャベツは成長が早く、それ程場所をとらず、 しかもとても美味しいのです。キャベツの栽培は害虫が多く、 アオムシやヨトウムシなどの被害がでます。よく葉の裏も 観察して駆除します。苗を植えた時点から寒冷紗で覆うと 被害が少なくなります。


<ブロッコリー>
ブロッコリーは好き嫌いがありますがさっと湯に通して 生サラダに使用します。 放っておくとすぐ花が咲いてしまうので早めに収穫します。


<ホウレンソウ>
ホウレンソウは庭栽培に適した野菜でプランタでも充分栽培できます。 料理の仕方では色々なサラダに利用できます。


<ニンジン>
ニンジンは色々なサラダになくてはならない野菜です。 サラダに適したニンジンはまだ柔らかく小さめのが 美味しいです。でもニンジン栽培は意外と難しく まず発芽が悪く、収穫にも時間がかかります。 プランタでは難しく庭栽培になります。


<カブ>
カブもサラダに利用できます。まだ小さくて柔らかい カブは生でもとても美味しいのです。 ただ栽培は難しく連作を嫌うので毎年違う場所で栽培するようにします。 害虫も多いので駆除に努めます。


TOP 小さな庭の家庭菜園