葉野菜の密集栽培

TOP 小さな庭の家庭菜園



家庭菜園ではどうしても栽培面積が狭く栽培する数が限られてしまいます。 そこで庭、またプランタで葉野菜を栽培する時は野菜栽培の専門書に書いてある 株間よりも狭く密集したかたちで栽培しましょう。専門書に書いてある株間は 野菜を大きく成長させるための空間なのですが家庭菜園では大きく育てることは犠牲にして早めに収穫していく方が知恵なのです。 そのためにたくさんの苗や株を植えるようにしていきます。 多く植える利点のもう一つは風や雨に強く(お互いの株で支えあっているため)なることと、害虫の 被害を受けても割合として少なくてすむことです。野菜の苗を購入して栽培するときは苗を多めに購入して植えます。 種から植える時は密集するほど植えます。多く芽がでてきたら間引きします。他にプランタや空き地が あればそこに移植しましょう。葉野菜でも水をかけた後移植ゴテで根の土を崩さないように丁寧に移植すれば大丈夫です。 移植する時は苗に負担をかけないてために曇りか小雨の日が最適です。 大き成長した苗は間引ながら食べていきましょう。密集栽培は太陽の光が当たる量が少ないので 野菜の枝は細く、背が高いヒョロヒョロとした感じの野菜になってしまいますがその方が 枝や葉は柔らかく美味しいです。