野菜の水やり

Back 小さな庭の家庭菜園

菜園での水やりは簡単そうに見えてとても難しいのです。野菜にとって適正な水やりは深い知識と経験を必要とします。 家庭菜園での水やりは畑とプランタとに分けて考える必要があります。 それは条件が相当異なっているためです。


<水やりの知恵>
種から発芽した苗はとても弱く活き良いよく水をかけると痛んでしまいます。 そこでジョウロの先のを上向きにして水をかけましょう。またその際最初はボタボタと出るので 苗の脇で出してから苗の上に水をかけるようにしましょう。 室内ポットの場合は水差し用のジョウロを使えば楽です。


<畑での水やり>
畑や庭での栽培での水やりは暑い季節は特に注意します。 雨が少ない時には朝晩たっぷりと水をあげます。 水をあげたつもりでも中まで浸水していない場合があり、少し時間を空けて 何回かあげるようにします。そうすれば土の中まで浸水します。 夏以外の季節は降った雨が土の中に水が含まれているのでそれほど心配はありません。 土が乾燥している時だけ水やりをします。 畑での水やりは土の資質にもことなります。 排水の良い土なら多く水をあげ、排水の悪い土なら水のやりすぎは逆に根腐れになるので注意します。 畑での水分管理は水やりで調整するよりは土の状態を良くし排水と保水の両方の機能をもつ団粒土にすれば手間がかかりません。


<プランタでの水やり>
プランタ栽培で一番難しいのが水やりです。プランタの土は乾燥しやすく定期的な水やりが必要です。 でも毎日あげるのではなく、土が白く乾燥したらたっぷりと底から流れでるくらいあげます。 そうすれば水をあげるだけでなく、土の中の酸素を入れ代えることができます。 水のやりすぎにも注意します。いつも水でビショビショ状態にしておくと酸欠状態になり、植物に必要な酸素が 根から吸収されなくなります。根腐れになってしまったり、悪い菌が繁殖して病気に なっりします。 水やりは季節によってかなり異なります。 夏場は乾燥が激しいので朝と夕方に2回あげましょう。その他の温かい季節は乾いたら水やりをする程度にします。 冬は注意しないとあげた水が凍結してしまうので白く乾燥した時だけ朝にあげます。夕方にあげると 夜に凍結の心配があります。どの季節でもプランタの土を覆うマルチ法は有効です。 苗の周りを腐葉土などでたっぷりマルチすれば乾燥や凍結を防ぐことができます。 菜園の水やりが難しいのは 植物は動物のペットみたいに食物や水を要求してきません。植物は人間が土の乾燥状況などをみたり、植物の 健康状態をみて判断することになります。その判断がまちがっていれば水を要求していないのに与えてしまったり、 水を要求している時に与えなかったりと失敗してしまいます。私もそのような失敗を何度もしています。 今でも適切な水やりは難しいと感じています。植物は水不足になるとしおれてきます。でも枯れてしまった のではないのですぐ水をあげればおきあがってきます。葉が黄色くなってきたら注意です。 水腐れ対策としては水をあげすぎたり、排水がよくないと水腐れになってしまいます。そこでプランタの容器の 底に水を逃がす穴が開いていますんでそれはふたをしないようにしておいた方が無難です。 野菜への水遣りは野菜の葉にかけるのではなく、根元にかけるようにしましょう。 夏場は日中に葉に水をかけると野菜がやけどをしてしまうので、すずしい朝か夕がたにかけ るようにしましょう。
 


Back 小さな庭の家庭菜園