家庭菜園 トンネル

Back 小さな庭の家庭菜園

<寒い季節にいいよ>
寒い季節の野菜栽培にはビニールトンネルを使いましょう。
太陽光の不足と気温の低下から保温し野菜を守り生育をうながします。 まだ気温が上がらない早春や晩秋の季節での野菜栽培に向いています。 またまだ気温が低く種の発芽温度に達していない時期でもビニールトンネルを利用すれば発芽を助けてくれます。 ただ温かい季節になったら注意です。トンネル内が日中は暑すぎる場合があるので温かい季節になったらやめるか、 その季節にあった穴の開いた通気性のあるビニールを使用します。 いずれにしてもビニールトンネルの目的は保温にあるので寒い季節での栽培のためです。温かくなってからは寒冷紗を 上手に使いましょう。トンネルは畑や庭だけでなくプランタでも工夫すれば利用できます。 トンネルを使えば野菜の生育を早め柔らかい葉野菜を作ることができます。 トンネル栽培に向いている野菜はホウレンソウやチンゲンサイなどの葉野菜です。 庭でのネットの使用はうねの幅と長さに適当な柵を作り、その上に シートを張り、洗濯バサミで固定します。シートの幅は色々あるので 柵の幅をよく計算してから購入しましょう。