家庭菜園 春菊

TOP 小さな庭の家庭菜園

春菊は種から栽培しますが冷涼な気候を好むので秋の方が栽培しやすいです。 春菊は害虫が少なく生育も早く病気にも強い野菜ですので家庭菜園に向いている野菜です。秋から冬に鍋料理に欠かせない野菜です。



[ 科 ] キク科
[ 型 ] 中型苗野菜
[ 種類 ] 葉野菜
[ 栽培地 ] <畑> ○ <プランター> △
[ 土壌質 ] 排水性、保水性、日当たりの良い場所、酸性土壌を嫌う、有機質の土壌。
[ 連作 ] 連作できません。 仲間:キク科(葉レタス、レタス)
[ 性質 ] 涼しい気候を好む
[ 生育適温 ] 15〜20度
[ 種植え・収穫時期 ]
[冷地] <種植え> 5月〜6月 <収穫> 9月〜11月、6月〜7月
[暖地] <種植え> 3月〜5月 <収穫> 10月〜2月、5月〜6月
[ 品種 ]
[ 害虫 ] アブラムシ、ヨトウムシ、ハダニ <詳しくは 園芸害虫図鑑
[ 害虫駆除・防除 ] 栽培前に土中の害虫を駆除しておく。アブラムシヨトウムシ早めの発見と駆除。
--------------------------------------------------------------

・ 連作を嫌うので数年間菊科を栽培していない場所で栽培しましょう。または新しい土に入れ代えます。
・ 苗を植える2週間前に全面に苦土石灰を施しておきましょう。
・ 1週間前には元肥を施しておきます。
・ 肥料は有機肥料を使い、ゴミ堆肥、牛糞、豚糞、鶏糞などを施します。
・ 一夜水に浸しておいた種を植えつけます。
・ 害虫のアブラムシよく観察して早めに駆除します。
・ 成長に合わせて間引きをしていき10pほどの株間をとりましょう。
・ 苗の成長にあわせて周りの雑草を取りながら追肥(有機肥料)を施しましょう。
・ 追肥としてゴミ堆肥を株の周りに施しておくと生育がいいちじるしく良くなります。
・ 株が20cmほど大きくなったら上部を摘み取って収穫します。
・ また脇芽が伸びてくるので収穫していきます。


<栽培のポイント>
◇ 苦土石灰をたっぷり施しておく
◇ 肥料が切れないよう元肥をたっぷりと施す
◇ 種は一夜水に浸してから蒔くと発芽がよい。
◇ 太陽がよく当たる場所で栽培する 
◇ 水を切らさないよう注意する。
◇ 追肥をたっぷりと施す。(有機肥料)
◇ 早めに摘み取って収穫する。

TOP 小さな庭の家庭菜園