葉レタス

Back 小さな庭の家庭菜園

レタスは家庭栽培に適した野菜で最も作りやすい野菜のひとつです。レタスといえば普通結球するレタスをさしますが 最近は色々な品種のレタスの苗が販売されています。サニーレタス、ガーデンレタス、リーフレタスなど 味も苦味があるものからないもの、また葉の形も様々の品種が出回っています。種から栽培することもできますが、 苗から育てた方が短期間で収穫できるのでお薦めです。性質は強く丈夫で、半日陰の場所でも育ちます。またプランタでも十分に栽培することができます。 4株も植えれば家族が食べきれないほどです。レタスの収穫は根から引き抜いてしまわないで大きくなった葉から収穫していき、また次から次と大きくなってくるので順次 収穫していきます。春植えと秋植えがありますが、レタスは涼しい気候を好むので秋植えの方が作りやすく温かい地方では晩秋から春まで 収穫することができます。春植えは関東では3月頃から苗を植えつけます。まだ相当寒い日もあるので寒冷紗で覆い防寒すると 霜から守られるだけでなく生育を早めることができます。春栽培では害虫に悩まされます。 レタスの害虫は主にアブラムシです。関東では5〜6月が一番多く発生し葉と葉の間に生息しているのですが早めに見つけ駆除しないとあっというまに増えてしまいます。



[ 科 ] キク科
[ 型 ] 小型苗野菜
[ 種類 ] 葉野菜
[ 栽培地 ] <畑> ○ <プランター> ○ 
[ 土壌質 ] 排水性、保水性、日当たりの良い場所、酸性土壌を嫌う、有機質の土壌。
[ 連作 ] 連作できません。 仲間:キク科(葉レタス、春菊)
[ 性質 ] 性質は強く丈夫。レタスは涼しい気候を好む。
[ 生育適温 ] 15〜20度
[ 苗植え・収穫時期 ]
[冷地] <苗植え> 4月〜6月、8月〜9月 <収穫> 7月〜10月
[暖地] <苗植え> 3月〜5月、9月〜10月 <収穫> 6月〜11月
[ 品種 ] サニーレタス、ガーデンレタス、リーフレタス、サラダナ
[ 害虫 ] アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシ、ネキリムシ <詳しくは 園芸害虫図鑑
[ 害虫駆除・防除 ] 栽培前に土中の害虫を駆除しておく。アブラムシやナメクジの早めの発見と駆除。害虫の親が卵を産めないよう寒冷紗を使用する。
--------------------------------------------------------------

・ 連作を嫌うので数年間菊科を栽培していない場所で栽培しましょう。または新しい土に入れ代えます。
・ 苗を植える2週間前に全面に苦土石灰を施しておきましょう。
・ 1週間前には元肥を施しておきます。
・ 肥料は有機肥料を使い、ゴミ堆肥、牛糞、豚糞、鶏糞などを施します。
・ 種から栽培するよりは苗を購入して栽培した方が簡単に栽培ができます。
・ 事前に水をあげ苗はポットの土も崩さないよう苗間は20cm位とって丁寧に植えつけます。
・ 苗を植えた後は水を十分潅水する。
・ 害虫のアブラムシよく観察して早めに駆除します。ナメクジの被害も多いので夜に観察しましょう。
・ 苗の成長にあわせて周りの雑草を取りながら追肥(有機肥料)を施しましょう。
・ 追肥としてゴミ堆肥を株の周りに施しておくと生育がいいちじるしく良くなります。
・ 大きくなった葉から収穫していきましょう。
下の写真は2種類のリーフレタスの苗を購入し植えつけ時からの成長記録です。



<栽培のポイント>
◇ 苦土石灰をたっぷり施しておく
◇ 肥料が切れないよう元肥をたっぷりと施す
◇ 種から栽培するよりは苗を購入したほうが栽培が容易。
◇ 苗間を十分とりましょう。 
◇ 太陽がよく当たる場所で栽培する 
◇ 水を切らさないよう注意する。
◇ 追肥をたっぷりと施す。(有機肥料)
◇ 窒素分の多い肥料は少なめにする。生ゴミ堆肥なら安心。
◇ 害虫対策が栽培ポイントの一つ。アオムシやヨトウムシをよく観察しすぐ除去しよう。
  


Back 小さな庭の家庭菜園