家庭菜園 キュウリ

TOP 小さな庭の家庭菜園

キュウリなどの実野菜は強い太陽が大好きで春に植え初夏から夏の収穫になります。 栽培のポイントは連作に弱いので接木苗(カボチャの台木)を購入して栽培することと日当たりの良い所で栽培することでしょう。 また乾燥に弱いので株元をマルチすることでしょう。 苗は大きく育つので成長に応じて肥料切れないよう追肥をしましょう。


 

[ 科 ] ウリ科
[ 型 ] 大型苗野菜
[ 種類 ] 実野菜
[ 栽培地 ] <畑> ○ <プランター> × 
[ 土壌質 ] 排水性、保水性、日当たりの良い場所、酸性土壌を嫌う、有機質の土壌。
[ 連作 ] 連作できません。接木苗で栽培しましょう。 仲間:ウリ科(スイカ、カボチャ、ニガウリ)
[ 性質 ] 多肥を好む、
[ 生育適温 ] 25〜30度
[ 苗植え・収穫時期 ]
[冷地] <苗植え> 5月〜6月 <収穫> 7月〜10月
[暖地] <苗植え> 4月〜6月 <収穫> 6月〜10月
[ 品種 ]
[ 害虫 ] アブラムシ、ハダニ、ウリハムシ <詳しくは 園芸害虫図鑑
[ 害虫駆除・防除 ] アブラムシやハダニの早めの発見と駆除。
--------------------------------------------------------------

・ 連作を嫌うので数年間ウリ科を栽培していない場所で栽培しましょう。または新しい土に入れ代えます。
・ 苗を植える2週間前に全面に苦土石灰を施しておきましょう。
・ 1週間前には苗を植える所に元肥を施しておきます。
・ 肥料は有機肥料を使い、ゴミ堆肥、牛糞、豚糞、鶏糞などを施します。
・ 種から栽培するよりは苗を購入して栽培した方が簡単に栽培ができます。
・ 連作を嫌うので高価ですが接木苗を購入しましょう。
・ 苗を植えるとき事前に十分な穴を掘っておきポットの土も崩さないよう丁寧に植えつける。
・ 苗間は40cm位とって植え付ける
・ 苗を植えた後は水を十分潅水する。
・ 乾燥防止のため苗の根元を黒いビニールやワラ、刈り草を敷いてマルチしましょう
・ 1,2本の苗を栽培する場合は立てに支柱をたて、多く栽培する場合は合掌式に支柱を立てます。
・ 支柱をたてたら苗から伸びてくるつるを紐で結び誘導します。
・ 苗の成長にあわせて周りの雑草を取りながら追肥(有機肥料)を施しましょう。
・ 親ツルは支柱の先まで伸びたら切り、子ツルは葉を2枚残して摘心します。
・ 追肥としてゴミ堆肥を株の周りに施しておくと生育がいいちじるしく良くなります。
・ 実が大きくなったら早めに収穫しましょう。


<栽培のポイント>
◇ 苦土石灰をたっぷり施しておく
◇ 肥料が切れないよう元肥をたっぷりと施す
◇ 種から栽培するよりは苗を購入したほうが栽培が容易。
◇ 苗間を十分とりましょう。 
◇ 太陽がよく当たる場所で栽培する 
◇ 水を切らさないよう注意する。
◇ 乾燥防止のため苗の根元を黒いビニールやワラ、刈り草を敷いてマルチしましょう
◇ 追肥をたっぷりと施す。(有機肥料)
◇ 窒素分の多い肥料は少なめにする。生ゴミ堆肥なら安心。
◇ 早めに収穫しましょう。


キュウリは古い枝からは段々収穫ができなくなります。そこで次から次へと枝を伸ばしていくので性質を利用して多くの収穫を得るために支柱からはみだしても枝を切らないで伸ばしましょう。 そうすれば次から次へと花を咲かして実を収穫することができます。伸びた枝葉支柱で支えてあげましょう。また追肥も忘れずに施しましょう。



枯葉を見つけたらその葉は取り除いておきましょう。病気の場合は他の葉に伝染しますし、病気でない場合でも 必要ありません。かえって通気性が悪くなるので除去しましょう。   


TOP 小さな庭の家庭菜園