家庭菜園 カブ

TOP 小さな庭の家庭菜園

カブには多くの品種があり、大きさも大カブ、中カブ、小カブがあります。家庭菜園では中カブと小カブが 適しています。高温に弱いので春早めに種を蒔き育てます。秋は夏が終わってから種を蒔きます。 日当たりのより場所で良く育ち排水性がよく、有機質を含んだ土地で良く育ちます。酸性土壌を嫌うので 種を植える前に苦土石灰をほどこしておきます。発芽し生育し始めたらカブ間10センチになるよう間引いていきます。 カブは病気も多く、害虫の被害も多いので栽培が難しい野菜です。 特に連作に弱く同じところで栽培すると病気が多くなり収穫が望めません。 大きくなりすぎるとすがはいったり、ひび割れを起こすので早めに収穫します



[ 科 ] アブラナ科 
[ 型 ]  小型苗野菜
[ 種類 ] 根野菜
[ 栽培地 ] <畑> ○ <プランター> × 
[ 土壌質 ] 排水性、保水性、日当たりの良い場所、酸性土壌を嫌う、有機質の土壌。
[ 連作 ] 連作はできません。 仲間:アブラナ科(ホウレンソウ、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなど)
[ 性質 ] 涼しい気候を好む
[ 生育適温 ] 15〜20度
[ 種植え・収穫時期 ]
[冷地] <種植え> 4月〜9月 <収穫> 5月〜11月
[暖地] <種植え> 3月〜10月 <収穫> 5月〜12月
[ 品種 ] カブには多くの品種があり、大きさも大カブ、中カブ、小カブがあります。
[ 害虫 ] カブラハバチ、アオムシ、ナメクジ、ヨトウムシ、<詳しくは 園芸害虫図鑑
[ 害虫駆除・防除 ] 栽培前に土中の害虫を駆除しておく。アオムシやカブラハバチの早めの発見と駆除。ナメクジは夜に観察しよう。害虫の親が卵を産めないよう寒冷紗を使用する。
--------------------------------------------------------------

・ 連作を嫌うので数年間アブラナ科を栽培していない場所で栽培しましょう。または新しい土に入れ代えます。
・ 苗を植える2週間前に全面に苦土石灰を施しておきましょう。
・ 1週間前には前面に元肥を施しておきます。
・ 肥料は有機肥料を使い、ゴミ堆肥、牛糞、豚糞、鶏糞などを施します。
・ 種は移植に弱いので畑に直接蒔きます。
・ 種まきは種の間隔を取りながらすじ蒔きかばら蒔きしフルイで土をかけ覆います。
・ 生育の良い苗を残して間引いていきましょう。
・ 苗の成長にあわせて周りの雑草を取りながら追肥(有機肥料)を施しましょう。
・ 害虫のアオムシやカブラハバチはよく観察して駆除します。
・ 追肥としてゴミ堆肥を株の周りに施しておくと生育がいいちじるしく良くなります。
・ 大きくなったら早めに収穫しましょう。


<栽培のポイント>
◇ 根野菜はプランター栽培は難しい。菜園での栽培をおすすめ。 ◇ 高温に弱いので春早めに種を蒔き育てます。 ◇ 苦土石灰をたっぷり施しておく
◇ 元肥をたっぷりと施す
◇ 連作を嫌うので毎回栽培する場所を移す 
◇ 苗間を15cmとる 
◇ 太陽がよく当たる場所で栽培する 
◇ 水を切らさない
◇ 乾燥防止のためワラを敷いてり腐葉土でマルチする
◇ 追肥をたっぷりと施す
◇ 害虫が多いので良く観察してアオムシ、カブラハバチを駆除する。

TOP 小さな庭の家庭菜園