家庭菜園 カボチャ

TOP 小さな庭の家庭菜園

カボチャは連作可能なので作りやすい野菜ですが広い耕作地が必要なります。カボチャの連作に強い性質を利用してカボチャの苗木に接木した野菜苗が作られます。 キュウリやナス、ピーマン、シシトウなどの接木苗が売り出されます。価格が高いですが安心して栽培できます。



[ 科 ] ウリ科
[ 型 ] 大型苗野菜
[ 種類 ] 実野菜
[ 栽培地 ] <畑> ○ <プランター> × 
[ 土壌質 ] 排水性、保水性、日当たりの良い場所、酸性土壌を嫌う、有機質の土壌。
[ 連作 ] 連作可能 仲間:ウリ科(スイカ、キュウリ、ニガウリ)
[ 性質 ] 土質を選ばす、酸性土にも強い。
[ 生育適温 ] 20〜25度
[ 種植え・収穫時期 ]
[冷地] <種植え> 4月〜6月 <収穫> 7月〜10月
[暖地] <種植え> 3月〜5月 <収穫> 6月〜9月
[ 品種 ] 日本種、西洋種。
[ 害虫 ] アブラムシ <詳しくは 園芸害虫図鑑
[ 害虫駆除・防除 ] アブラムシの早めの発見と駆除。
--------------------------------------------------------------

・ 土質を選ばないのでまだ開墾したばかりの耕作地などの栽培が向いています。
・ 酸性土に強いので苦土石灰を施す必要はありません。
・ 1週間前には元肥を施しておきます。
・ 肥料は有機肥料を使い、ゴミ堆肥、牛糞、豚糞、鶏糞などを施します。
・ 種から栽培する場合はビニールポットに蒔いて育てるか畑に直接蒔きます。
・ 畑に直接種をまく時は1m間隔で2、3粒蒔きます。
・ 保温や鳥の被害を受けないよう蒔いた種の植えにホットキャップをかぶせましょう。
・ 苗を購入して栽培することもできます。
・ ポットから苗を植えるとき事前に十分な穴を掘っておきポットの土も崩さないよう丁寧に植えつける。
・ 苗間は1m位とって植え付ける
・ 苗を植えた後は水を十分潅水する。
・ 畑に直接蒔いたら発育の良い苗を1本だけ残して他は間引きます。
・ 乾燥防止と病気予防のため苗の下にやワラ、刈り草を敷ましょう
・ 苗の成長にあわせて周りの雑草を取りながら追肥(有機肥料)を施しましょう。
・ 親ツルはある程度伸びたら切ってしまい、子ツルは3本だけ伸ばします。
・ 追肥として窒素分の少ない肥料を追肥しする。ゴミ堆肥を施しておくと生育がいいちじるしく良くなります。


<栽培のポイント>
◇ 苦土石灰をたっぷり施しておく
◇ 肥料が切れないよう元肥をたっぷりと施す
◇ 種から栽培するよりは苗を購入したほうが栽培が容易。
◇ 苗間を十分とりましょう。 
◇ 太陽がよく当たる場所で栽培する 
◇ 水を切らさないよう注意する。
◇ 乾燥防止のためワラ、刈り草を敷いてマルチしましょう
◇ 追肥をたっぷりと施す。(有機肥料)
◇ 窒素分の多い肥料は少なめにする。生ゴミ堆肥なら安心。

TOP 小さな庭の家庭菜園