生ゴミ堆肥でエコ生活

TOP 小さな庭の家庭菜園

現代の農業はあまりにも業者に依存していて農機具から肥料、農薬まであらゆるものを購入して栽培しています。そのため 経費が高くつきほとんどもうからない状態と聞いています。一般家庭の家庭菜園でもお店で売っている器具や材料を使って 栽培しています。園芸店にはあらゆるものが置いてあり肥料もさまざまなものが売られています。それらを購入して 栽培しています。このような経済システムに疑問を感じます。私たちの農業や園芸が業者に操られているようにも感じてしまいます。 将来の園芸生活は可能な限り業者に依存しないで自分でできることは自分でやる自給生活が進むべき方向に感じます。 そして環境を考え資源を大切にし、無駄をなくす必要があります。現在は何でもリサイクル利用される時代になってきていますが 生ゴミだけは相変わらず無駄に捨てられているのを感じます。毎日家庭からでる生ゴミは相当な量になると思うし、それを焼却炉で 焼くのにも多くの経費がかかっています。以前ゴミとして扱われていた空き缶やペットボトル、発砲スチロールの容器も 資源材として再利用されるようななりました。生ゴミも一部の施設では生ゴミを生ゴミ堆肥として利用している市や町がありますが まだまだ生ゴミはゴミとして処分されています。将来は多くの市町村で生ゴミは大切な資源として利用される日が来ると思っています。 生ゴミはゴミではなく大切な資源であることが認められる時代がくるのです。生ゴミ堆肥作りは施設にださなくても家庭でも作れるのです。 生ゴミを堆肥として利用すれば菜園での経費の削減になりますし、市町村のゴミ焼却炉の経費の削減にもなる 生ゴミ堆肥作りの園芸生活はすばらしいエコ生活なのです。
   
   


TOP 小さな庭の家庭菜園