大型野菜の摘心

Back 小さな庭の家庭菜園



トマトは人間の背丈からある程度伸びたら それ以上伸びないように摘心をしましょう。それ以上伸ばしても良い収穫は望めません。摘心をすることによって 養分を下側の実や茎に十分与えることができます。良い実を収穫するためには良い方法なのです。




ツル性のキュウリ、インゲンなどはある程度支柱の高さほど伸びたらそれ以上伸びないように摘心します。 でも狭い菜園ではもったいないことです。キュウリとインゲンはツルの先へ先へと実がなる場所が移動していくので 先を摘心してしまうとそれ以上収穫がのぞめなくなってしまうのです。そのため摘心をしないで伸びるだけ伸ばしてしまうのです。 そのためにはツルを誘導していく必要があります。誘導は上の方には限界があるので左右横方向へツルを誘導します。 そのようにして栽培すれば長期間収穫ができます。その分多くの肥料を与える必要があるので肥料きれや乾燥に気をつけましょう。


Back 小さな庭の家庭菜園