健康は自立の基礎

健康は自立、自足が幸福の基礎になるものです。 自立に最も大切なものは健康です。 健康が損なわれると仕事もできなくなりますし、家事もできなくなります。 病気になると収入が少なくなるだけでなく、医療費が増えて貯蓄や家計費を圧迫してきます。 たとえ保険や貯蓄などの備えをしていても病気になってしまったらそれで埋め合わせをすることはできません。 他人の世話を受けなければ生活できなくなり自立の基礎が崩れてしまうのです。幸福は自立と大きく関わりあっています。 精神的な幸福は自分の足で生活していることが重要なのです。 そのような自分に対して誇りと幸せを感じることができるのです。 どんなに健康に注意していても避けられない病気というものは ありますが、自らの不注意や不摂生な生活で病気になるのは避けたいものです。 そのためには良くない習慣はやめ、健康に良いことを積極的に取り入れていくことが大切です。 若い時には健康は当たり前と思っていましたが、 年をとる度に、健康であることの大切さを感じます。 また健康に努めることの大切さが増してきています。 老後の幸せは健康かどうかに大きくかかっています。 健康は誰にとっても年齢に関係なく大切であり、健康は勉強よりも、仕事よりも大切なのです。 それを失ってしまったら勉強もできなくなり、仕事もできなくなってしまうのですから。 健康を保つことが将来にとって一番の備えなのです。