都会での自給自足生活のすすめ

自給自足生活は田舎でないとできないと思いがちです。確かに田舎なら畑の敷地が広く、色々な野菜が栽培でき またニワトリやヤギなどの家畜も飼い卵や乳を生産することも可能です。でもそういう夢があっても多く人々は田舎にそう簡単に移住することは できません。そこで今住んでいる都会生活でも可能な自給自足生活を目指すことも可能です。生活食料の10%でも20%でも まかなえれば立派な自給生活です。都会での野菜栽培は近くの農家から畑を借りるか、市から農園を借りるかが 考えられますが、狭い庭を菜園にしてしてもやり方によっては家族で食べきれないほどの収穫があります。 また自給するのは野菜だけでなく、自家製食品も大事な自給です。何でもお店から購入するのではなく、庭で栽培し収穫した野菜で 漬物などの自家製食品を作ることもできます。 自給自足の生活の良い所は何でしょうか? 一つは自立心が強まることです。全てを他に依存する生活ではなく 自分の足で自立できている喜びを感じることができます。 二つは健康の面が大きいと思います。 無農薬野菜を作ることは健康にとても大切です。 三つは知的な面です。自立生活のノウハウの蓄積する喜びです。 自給生活の沢山の失敗は将来のために成功のノウハウを蓄積しているのです。 蓄積したノウハウは家族にとって大切な宝となります。 将来退職してから本格的に家庭菜園をしようという夢の準備になります。 我が家はまだまだ自給自立生活とは言えないレベルです。やり始めて10年目でやっと野菜の自給の点では40%位になりました。 時々広い農地があったらかなりの自給ができるのにと思いますが 狭い庭での可能性を追及していくのもまた面白いです。 いずれにしても自立の生活とはチャレンジの四項錯誤の生活です。 私にとって自給自足生活はまだ一歩を歩み始めたにすぎません。 田舎の人々だけでなく都会で生活している方々も庭で家庭菜園をやるようになったら 素晴らしと思います。

--------------------------------------------------------------
<食料自給率>
食料自給率データマップ
農林水産省/食料自給率とは