自家製の漬物

日本は昔から漬物は冬に備えた大切な貯蔵品でした。 大根漬け、茄子漬、胡瓜漬け、白菜漬けなど野菜の漬物があり、 漬け方も塩漬けから味噌漬け、ぬか漬けなど 色々工夫されてきました。先人の知恵と味覚に驚かされます。


<浅漬け、一夜漬け>


浅漬けや一夜漬けは季節の野菜を簡単にしかも美味しく食べれる方法です。 漬けるのに時間はかからないことと、野菜本来の味覚を味わえます。

<浅漬け>
浅漬けは漬ける野菜(キュウリ、大根、カブ、ナス、キャベツ等)を薄く切りポリエチレン袋に 入れます。そこに市販の浅漬けの素を野菜の3/2程度入れます。袋の空気を抜いて 封をし、野菜がしんなりするまでよくもみ、冷蔵庫に入れて30分程度入れたら汁気をよく絞って出来上がりです。 浅漬けの素を使わないで塩だけでも大丈夫です。その他に好みで昆布やゆずなどを入れても美味しいです。

<和からし浅漬け>
同じ浅漬けですが、粉の和からしを使った方法も美味しいです。 漬け方はポリエチレン袋に洗ったキュウリをそのまま何本か入れ、水は入れないで塩と粉の和からし砂糖をいれよく手ですり込みます。 終わったら袋の空気を抜きながら開閉して冷蔵庫に入れておけば10時間後にはできあがっています。 短時間で食べたい時は、キュウリを切って漬けると1〜2時間程度でも食べることができます。 キュウリのほかにナスやカブなども美味しいです。 塩と砂糖と和からしの量と割合は好みに応じてかえていきましょう。


<ラッキョの酢漬け>


ラッキョの酢漬けは健康にもよく毎日の食生活で食べることをお奨めします。 ラッキョを売る季節になりましたら、できるだけ小さめの球根を選び購入します。 球根の皮むきが大変ですがあとは容器に漬けるだけ、 ラッキョ漬けは20日もすれば食べられるので早めに食べていきましょう


<蜂蜜梅漬け>


梅の季節に青梅を購入します。(大きい実の方が良い) 梅の芯をツマヨウジなどで取り漬物容器にいれて蜂蜜を入れます。 蜂蜜梅漬けは梅を食べても美味しいですし梅のエキスが
入った蜂蜜を水で薄めてジュースにして飲んでも美味しいです。
梅は体に良いのでお奨め健康食品です。


<カリカリ梅干>




カリカリ梅干しに挑戦しました。いままで何度か挑戦したのですが 上手くいかず柔らかくなってしまいました。今年は小梅を使いまた作り方を 知人のアドバイスの通りに作ったら成功しました。
< 作り方 >
●材料
青梅(小梅)---------------- 1kg
焼酎(35度)---------------- カップ1/4弱
粗塩(梅の重さの10%)------ 100g
赤じそ -------------------- 1束(200g)
塩(赤じその6%)----------- 30g ●作り方
1.青梅は未熟で小ぶりのものを使用します。
たっぷりの水に約2時間漬けてアク抜きをする 2.ざるに上げフキンで水けを拭き、竹串でヘタを取る
3.ボウルに梅と焼酎を入れて全体にまんべんなく湿らせ、粗塩を加えて約4分間、 強く押し付けるようにしてもみ込む。
4.消毒(熱湯)した保存瓶に移し、翌日から梅酢の瓶を一日数回揺すって 梅を上下に入れ替えます。約1週間で漬けあがりますが次は赤じそが出回るのを待ちます。
5.赤じそを購入したらは葉を摘み取り、よく洗って水けをきる。塩の半量(15g)を ふって強くもみ、堅く絞る。でた汁はアク汁なので捨てる。絞った赤じそに残りの 塩をふり、もう一度もんできつく絞り、アク汁を捨てる。
6.処理した赤じそを梅を漬けてある瓶に入れますが、梅の上面全体に広げてのせ、 その上に皿ぶたをし、重石をのせて冷暗所に置きます。


<キムチの一夜漬け>


簡単な一夜漬け風キムチの漬け方です。市販しているキムチの素を使います。
野菜の材料はハクサイ、キュウリ、カブ、ダイコン、モヤシなどの キムチを作りましょう。作り方は簡単で塩漬けした後2、3日したらそこに キムチの素を混ぜるだけです。キムチの素は少なめにし、味をつけるだけに しましょう。モヤシのキムチは一度湯を通しその後キムチの素を混ぜるだけで すぐ食べることができます。


<ニンニク醤油漬け>


ニンニクは畑で収穫したものを使っています。 秋に植えれば春には収穫できます。収穫したニンニクは 乾燥させますがあまりもたないので早めに調理しましょう。 作り方はニンニクの皮をむき瓶に醤油で漬けをしたものです。 料理するときにニンニクを刻んで使いますが、 醤油も料理の味付けに入れると香りがでて食欲をさそいます。
----------------------------------------------------------------------
<漬物サイト>
つけもの大学
らっきょ漬け
梅干しの作り方、その他
カリカリ梅漬け/作り方のアドバイス
梅干しの作り方
さとみの漬物講座